大人ニキビの原因はストレスが大きく影響しているかも?

ニキビ跡消す > ニキビ跡消す-ストレスによって起こるニキビについて-

ニキビ跡消す-ストレスによって起こるニキビについて-

「ストレスが溜まると肌荒れする(ニキビができる)。」という事は、誰でも聞いた事のある知識なのではないでしょうか?事実、ストレスがたまった時期にニキビが発生し、さらにストレスになってしまったという経験をお持ちの方も少なくはないでしょう。
ニキビ予防に効果的な食べ物

“ストレスニキビ”というワードは良く聞きますので、みなさん言葉や経験から 「ストレスは肌によくない」という事自体はご存知でしょうが、 では精神的なストレスがどのようにして肌へ影響をもたらすのかを知っていますか?

そもそもストレス以前に、男性ホルモンが皮脂を過剰に分泌させる働きがあります。 この男性ホルモンは、男性の体内はもちろん女性の体内でも微量ながら分泌されています。 過剰分泌された皮脂がヨゴレとともに毛穴の中に詰まってしまい、 さらに炎症を起こしてしまう事でニキビの発生や悪化を引き起こしているのですね。

つまりこの“ホルモン”が、ニキビの原因の一つとしてあるのです。 実は、精神的なストレスを感じた身体では様々なホルモンが盛んに生成されており、 そのホルモンの中に“男性ホルモン”も含まれているのです。

例え女性の体内であっても、過度なストレスによって男性ホルモンが生成される事によって 上に書いた通り皮脂の分泌を促してしまいます。 盛んに分泌された皮脂は、ホコリやヨゴレとともに毛穴の中に詰まってしまうという訳です。

だから「ストレスが溜まると肌荒れする(ニキビができる)」んですね。 目に見える場所に出来てしまうニキビは、どうしてもお肌の表面的な問題だと感じがちです。 そうなると対策や予防として、“洗顔”や“保湿”など、どうしても外側からのケアばかりしてしまいます。

ですが、ニキビの原因がホルモンやストレスなど、あなたの内側からの問題である以上は 洗顔や保湿だけでは予防しきれず、結果“繰り返す大人ニキビ”となってしまうのです。 根本的なニキビの原因を理解し、適度にガス抜きをしながらストレスをためない生活を送る事も 大人には大切なスキンケアでもあるのですね。

頬にできるニキビは大きくなりやすい

ニキビ痕で凹凸ができやすい部分は、主に「頬」のようです。 頬にできるニキビは大きくなりやすく、その原因は男性ホルモンの分泌だといわれています。 頬にニキビができる世代としては思春期があげられます。子供から大人の体になる境目で、皮脂腺が大きくなり皮脂分泌量が増えるのが原因です。それに関わっているのがホルモンバランスの変化です。

私達の体には皮脂腺が多い部位があります。いわゆる、触れるとベトついていると感じる部位で、顔なら頬や額、鼻の頭などとなります。なぜ頬のニキビが大きくなるのかというと、その理由は、紫外線にさらされているためでもあるのです。

皮脂は必ずしも悪いものではありません。皮膚を守るために分泌される天然クリームの役割をしています。しかし、ニキビができて過剰分泌されるようになると角質層も分厚くなってしまいます。

皮脂分泌が気になるのなら、まずは食生活から改善してください。頬のニキビができやすい方は糖質や脂質を取り過ぎている可能性があります。ヘルシーな食事に変えたことで、皮脂が気にならなくなる人もいます。

頬のニキビを改善したいのなら食事をヘルシーなものにし、規則正しいリズムで生活をする。特に、寝る時間と起きる時間を決めてしまうことで、肌再生能力と免疫力がアップします。就寝時に行われますので、決まった時間に寝るのが一番なのです。

肌再生能力が向上することでニキビも治りやすくなります。押し出される古い角質層が自然に剥がされ、新しい皮膚が表面に現れてくるのです。これをターンオーバーといいますが、角質層が硬くなっている場合炎症があるか、肌再生能力が衰えていることが原因となっています。

頬はニキビが大きくなりがちな部位ですので、痕を残さないようにしたいもの。それには刺激をしない、紫外線対策をする、食事や生活を見直すようにします。炎症がひどくなり大きくなりすぎたニキビは、凹凸となって痕を残す確率が高いのです。

ニキビ跡消す化粧水と漢方で、ニキビを改善!